※こちらの商品は受注発注商品の為、ご注文後3~5営業日後の出荷予定となります。
※メーカー在庫切れの為1週間以内に出荷できない場合はメールにてご案内させていただきます。

◆主な特長
プラチナ万年筆 出雲シリーズ
出雲国は、古くから和紙の生産地であり、書く事に対して非常に造詣の深い土地柄です。
プラチナ万年筆では、創業者 中田俊一の生誕の地でもあるこの地を起源としているご縁から、2010年に島根県出雲市の協力を得て、「出雲シリーズ」を創出しました。
「出雲シリーズ」は、素材を吟味し、各分野の職人が最高の技を施した筆記具で、出雲市が認定する「出雲ブランド」に認定されています
漆・溜塗り
漆の歴史は古く、石器時代まで遡ります。
『うるわし、うるおす』が語源とも言われ、時代を越えて今もなお日本文化に根づき伝統工芸品として色々な表情を見せています。
『塗り』には多くの技法があり、この『溜塗り』は光沢の中に深みのある色が特長で神秘的な味わいがあります。
下地の漆の色が仕上げに塗った半透明な漆によって、透けて漆溜まりが見える事に名前が由来していると言われます。
更に特徴的な表面の鮮やかな艶は「呂色仕上げ」という技法を用い炭で表面を研ぎ、漆をまんべんなく塗り込み、一本一本磨く事を繰り返し仕上げました。
時間の経過と共に漆溜まりが鮮やかさを増し、軸のエッジ部分が毎日使用していくと変化する事で持つ人を楽しませてくれます。
シンプルな佇まいですが凛としたこの一本は、驚く程の工程数とデリケートな環境で伝統工芸技法が施され完成します。
付属品 出雲巻紙「三椏(みつまた)」手漉き和紙について
古くから紙漉きの伝統がある出雲の国。手透き和紙の人間国宝、安倍榮四郎を祖父にもつ安倍信 一郎が技術を習得し現代に出雲和紙を伝承させています。
信一郎が作る植物の三椏を原料とする 手漉き和紙「三椏」は植物繊維の資質を充分に生かす事を心がけ、手作業で丹念に漉くため三椏 独自の張りと光沢が生まれます。
特にインクとの相性が良く和紙と思えない程、紙面あたりの滑 らかな書き味で鮮明に浮き上がる文字がお楽しみ頂けます。
◆商品仕様

商品名

万年筆 出雲溜塗り PIZ-55000#27-2 空溜 細字

メーカー品番

PIZ-55000#27-2 空溜 1618272
ペンポイント細字

JAN

4977114110047
ペン先大型18K
製品仕様胴、キャップ、天冠: エボナイトに溜塗り漆仕上げ
カバー : AS樹脂に溜塗り漆仕上げ
クリップ : リン青銅
カバーリング : 真鍮に金メッキ
寸法全長154.0(筆記時全長134mm)×最大径18.0mm
標準重量34.5g
・出雲桐箱

商品名

出雲桐箱

メーカー品番

#2…4000061
寸法215×136×41mm

JAN

4977114110092
重量 220g
+
TANOSEE ヘルメット 白 1箱(20個)